キャッシュラインの概要

 

キャッシュラインのYOP

 

総合評価:評価


店名       スマイルギフト


URL      https://www.cash-line.jp/


還元率      最大98.8%


営業時間     24時間


日曜営業     ○


15時以降振込   ○


所在地      東京都府中市本町1-12-2


サイト責任者   出口


お申し込み方法  電話・申込フォーム

キャッシュラインはどの様な現金化業者なのか?

キャッシュラインはどの様な容赦なのか?

 

キャッシュラインは換金率が98.8%、最短入金スピードは5分。
創業から5年経っている生存競争の厳しい現金化業界では老舗と言われる業者の一つです。

 

利用者の満足度も円グラフとして業者のサイトに記載されていてその数値は96.4%と非常に高く。

 

土日も営業していて利用者としては嬉しいサービスを提供しているんです。

 

2016年の下半期、優良現金化業者リサーチ第1位を記録している実力を兼ね備えているのも魅力の一つですね。

 

上記の内容を見る限り、そこまで悪質な感じはしません。

 

むしろ逆で、優良店のような印象があります。
さて、ではなぜキャッシュラインは悪質やヤミ金というようなことを言われているのでしょうか?

 

もっと細かくキャッシュラインの現金化サービスを見ていってみましょう。

 

キャッシュラインの換金率

キャッシュラインはどの様な容赦なのか?

 

現金化と言えばこの問題は外せません。
換金率が現金化業者の換金率を全て決めると言っても過言ではありませんので。

 

キャッシュラインの最高換金率は先もお伝えした通り98.8%という数値をたたき出しています。

 

しかし全ての換金率が98.8%というわけではありません。

 

金額別の換金率がしっかりとあります。
以下の表がその換金率になります。

 

ご利用額 当日プラン 通常プラン 法人プラン
1万円以上〜15万円未満 88% 89% 90%
15万円以上〜30万円未満 90% 91% 92%
30万円以上〜50万円未満 92% 93% 94%
50万円以上〜80万円未満 94% 95% 96%
80万円以上〜 96% 97% 98%
100万円以上 98.8% 98.8% 98.8%

 

以上がキャッシュラインの換金率の表になります。

 

見ていただいた通り換金率はそこら辺の現金化業者よりも工学の換金率を提供していますね。

 

換金率には問題はないように見えますが、この換金率は実は現金化を利用する際に若干変化します。
それはなぜか?

 

現金化業者はいわばカードのショッピング枠の現金化を専門にした会社なのです。
会社、仕事ならば利益を出さなければ経営をしていくことはできません。

 

上記のような換金率で現金化を行っていると業者の利益はなくなり会社は倒産。
事実上の大規模なボランティア活動を行ったことと変わりありません。

 

ではなぜあんな換金率を提示しているのか?
表に提示された換金率は全て最大値での表記になってしまっているんです。

 

なので表通りの率で現金化をできないんです。

 

「換金率表の意味ないじゃん」と思いますよね?しかしこれにはしっかり意味があるんです。

 

最大換金率で換金率を表している理由

キャッシュラインはどの様な容赦なのか?

 

そもそもなぜ現金化業者が最大表記で換金率を表記しているのか?

 

これには会社の存続に関わる大きな理由があるそうなんです。

 

私も調べた上での情報なので定かであ貼りありませんが、そもそもの現金化は最大値ではない表記で行われていました。
あるとき、最大換金率で宣伝をする業者が現れたそうなんです。

 

現金化業界にも相場というものが存在します。
多くの業者はその相場の金額で宣伝をしていましたから最大換金率とは雲泥の差があるのは一目瞭然です。

 

利用者の方ならばわかるかもしれませんが、換金率の高い方に目を奪われるのは当然の結果で必然の結果です。

 

そうなると、換金率が高い方に利用者が集中するのは仕方のないことです。

 

周りの業者はすぐに宣伝する換金率の数値を上げました。
そして今のような高換金率が行き交うような現金化スタイルになったのです。

 

相場の換金率では勝手に淘汰されて会社が潰れてしまいます。
その為、最高換金率で宣伝をしなければいけないようになってしまったといことです。

 

これは入金スピードにも言える事なんです。

 

換金率が皆同じになれば多く利用してもらうには+αをしなければけません。

 

そこで換金率の次に重要な入金スピードに目をつけたという訳です。
この入金スピードも最短入金速度なので 必ずこのスピードで入金を行ってもらえる訳ではありません。

 

このようにアリもしない+αを追加していく事で自社の方がいいというアピール合戦が始まってしまったのです。
これにより「現金化=詐欺」というイメージが付いてしまったといっても過言ではないでしょう。

 

キャッシュラインの換金率と入金スピード

キャッシュラインはどの様な容赦なのか?

 

ではキャッシュラインの入金スピードと換金率は?

 

ここが気になるところですよね。

 

先ほど現金化業界には換金率の相場があるとお伝えしましたが、この換金率が80%前後と言われています。
この80%と最大換金率の98.8%を比べられるとどうしても98.8%へ足が向いてしまいますよね・・・。

 

ではキャッシュラインへ話を戻しましょう。

 

80%前後、思いの他低いと感じた方ばかりなのではないでしょうか?

 

しかし現金化業界にはもっと低い換金率出現金化をしている業者も存在するんです。
それこそ、換金率が60%以下なんて業者もいるという噂です。

 

相場の換金率はあくまでも相場でしかありません。
全ての業者がその相場通りの換金率とは限らないのです。

 

キャッシュラインの換金率はというと、85%前後という調べが出ました。

 

これはそうばの換金率と比べた時、かなり高めの換金率と言えるでしょう。
5%をあげるというのはそこら辺の現金化業者には絶対にできないことです。

 

これでもキャッシュラインは「悪質」な業者といえるでしょうか?

 

キャッシュラインは悪質ではない

キャッシュラインは悪質ではない

 

現金化業者の良い悪いは換金率できまる事があります。
この換金率が相場よりも高いキャッシュラインは優良と断言することができなくても、悪質ではない現金化業者なのではないでしょうか?

 

この現金化業界には本当に悪質な現金化業者が存在します。

 

このような現金化業者ではないだけで優良な現金化業者ではないところが多いのではないでしょうか?

 

キャッシュラインは換金率はほかの業者に負けない業者ではあります。

 

もしも、換金率を求めている方が居ましたら、一度覗いてみるの価値は十分にあるのではないでしょうか?

 

キャッシュラインへの申し込み

このエントリーをはてなブックマークに追加