今もっともポピュラーな2種類のクレジットカード現金化方法

現金化業者は多く存在しますが、クレジットカード現金化の方法は大きくわけて2種類です。
流れはどちらでもほとんど同じですが、仕組みは変わります。
方法によって利用者にはメリットやデメリットが発生しますので現金化の利用を検討している方は検討している現金化業者がどちらの方法なのかを確認して決めるのもいいかもしれません。

2種類の現金化方法

買取方式

買取方式は現金化業者が指定する商品をネットショッピングで購入をして、購入した商品を現金化業者が買取るといった方法です。
昔からある現金化方法ですが、以前は購入した商品を受け取る・売りに行く・郵送するといった作業が必要でしたが、現在ではすべてをインターネットで行うこともできるようになりましたので、家族や同居人に知られることもないですし、手間になる作業も一切ありません。
電話とメールだけで商品購入から振込まですべてを完了できます。
ただし、現金化業者によっては自宅に商品が届いたり、商品を現金業者に郵送する必要があったりしますので、お問い合わせ時に流れなどをしっかり確認をしましょう。


買取方式の流れ

@電話または申込フォームからお問い合わせ
A身分証の写メを提出
Bインターネットで指定する商品を購入
C商品が届いたら現金化業者に送る※インターネット完結の場合はメールで商品を受け取ってメールを現金化業者に転送
Dお金が振り込まれて完了


キャッシュバック方式

キャッシュバック方式は現金化業者が経営しているオンラインショップで商品を購入して、購入した商品に対して現金がキャッシュバックされるといった方法です。
主流となっていた現金化方法ですが、キャッシュバック方式の現金化業者が逮捕されたことから違法性が高い現金化方法とされ、多くの現金化業者が買取方式に移っています。
キャッシュバック方式は利用者が商品を購入したことでキャッシュバックしていますということですので後日商品が郵送されますので、商品を受け取る必要があります。
ただし、商品は100円均一で売っているようなおもちゃの商品やガラクタですので商品を見てもがっかりしないようにしてください。


キャッシュバック方式の流れ

@電話または申込フォームからお問い合わせ
A身分証とクレジットカードの写メを提出
Bインターネットで指定する商品を購入
Cクレジット決済が完了したらお金が振り込まれる
D自宅で商品を受け取って完了

このエントリーをはてなブックマークに追加