クレジットカード現金化業者にカード情報を教えるのは危険

多くの現金化業者はお客様のクレジットカード情報を求めてきます。
初めてクレジットカード現金化を利用する方は言われた時は何も気にせずに教えてしまうかもしれませんが、よく考えてみてください。
なぜ、表面のクレジットカードの番号や有効期限、裏面のセキュリティコードなどを教える必要があるのかを。
現金化業者がクレジットカード情報を求めてくるという事はアナタの代わりにアナタのクレジットカードを使うという事です。
ネットショッピングのサイトによりますが、クレジットカードで決済を行うにはクレジットカードの番号と有効期限と名前がわかればクレジットカードを使う事が出来てしまいます。
また住所や電話番号が必要なサイトもありますが、クレジットカード現金化を利用する場合には必ず身分証も提出する必要がありますのでその他の個人情報が必要なサイトでも使う事が出来てしまうのです。


クレジットカード情報


もし、利用した現金化業者が悪徳な業者だったらどうしますか?
またはその現金化業者は悪用しなくても情報が洩れてしまい、悪用されてしまったらどうしますか?
現金化業者なんていつでもサイトを閉鎖して違う会社名のサイトを立ち上げることが出来てしまいます。
訴えようにもご自身もクレジットカード現金化を行ったという事実を言わなくてはなりませんので、クレジットカードの利用停止また他のカード会社のクレジットカードも発行が難しくなってしまいます。
はっきり言ってメリットはなくデメリットしかありません。


悪徳・詐欺業者


クレジットカード情報を教える必要なんてなく、クレジットカード現金化は利用できます。
それによって換金率が下がってしまうや損をしてしまうなんてことは一切ありません。
むしろクレジットカード情報を求めてこない会社の方が健全で換金率も高いですし、お得なことが多いです。
クレジットカード現金化業界には闇金やもっと危ない人達も紛れている可能性が十分にありますので、いくらうまいことを言われても信用せずにいかに自分のリスクを減らして良い現金化業者を利用できるかが大切です。
当サイトが掲載している現金化業者の中にもクレジットカード情報を求める業者が存在するかと思いますが、詐欺業者や悪徳業者は入っていませんのでご安心ください。
個人的には少しでも安全な方法で現金化ができる現金化業者をお勧め致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加