クレジットカード現金化の醍醐味といったら何と言っても換金率です。

各現金化業者の公式ホームページをご覧になっていただければ明らかになっている換金率ではありますが、どのサイトも高換金率となっている為、どちらを選んだらよいのか決めるのが非常に難しいのではないかと思います。

換金率にこだわってクレジットカード現金化を利用したいという方は誰でも思う事ですね。
少しでも多く現金を手にしたいと考えている方多いかと思います。

けれども、実際クレジットカード現金化業者といざ契約となると公式ホームページに記載されている換金率ではご利用ができないことがほとんどで、必ずと言っていいほどカード決済費用として数十パーセントを還元率から差し引かれて入金されます。

これが換金率が変動する仕組みになっています。

ではどの様に引かれるのか?
変動していくのかを確認して見ましょう。

現金化業者の換金率が変動する仕組み

現金化業者の換金率が変動する仕組み

【例】ある現金化業者の還元率で10万円のショッピング枠を利用した場合です。
100.000円×92%=92.000円とある現金化業者の換金率ですが、こちらから決済手数料5%を引かれ、さらに消費税8%を引かれて実際お客様が手にした金額は79%の79,000円ということです。

これくらいの換金率であれば現金化業界では高めですが、ご利用のショッピング枠が少ないと換金率自体もさらに下回ってしまいます。
ショッピング枠とは、クレジットカードで買い物が出来る残高または限度額の事を指します。

つまり、現金化をお願いする額が低ければ換金率も同時に下がってしまうという事ですね。
現金化を利用する側としてはそれだけはどうしても避けたい現象化と思います。

その為、現金化業者もそんな現金化利用者に現金化を行わせる為に新しいアピールの仕方をするようになってきました。

現金化業者の行う換金率の提示方法と工夫

現金化業者の行う換金率の提示方法と工夫

業界一の換金率
一律何パーセントの換金率保証!
他社には1%も負けない換金率

というキャッチフレーズが非常に多く、高換金率を宣伝しています。
しかし現金化業者もボランティアではありません。

少しでも多く現金化利用者から収益を求めているのは確かなのです。
そこで問題になるのが高すぎる手数料の現金化業者なのです。

現金化業者の高すぎる手数料

現金化業者の高すぎる手数料

現金化業者は必ず手数料を徴収します
これは現金化業者の純利益になるので、業者側からしたら取らないという選択肢はありません。

しかし時折、この手数料を多めに徴収する悪質な現金化業者が存在します。

手数料とは現金化業者で変わってくる為、消費税のように決まった額を取られる物ではありません。
そのため、現金化業者の手数料を把握する事が出来ません

それをいい事に、現金化利用者から多くの手数料を取り自社の利益を大幅に上げているのです。

このような現金化業者は、入金が終わった際に「手数料として~」というように事後報告をしてくる現金化業者が多いため、事前に気付く事ができません。

その為、何人もの現金化利用者が涙を飲んでいることは言うまでも無いのです。

悪質の現金化業者を利用しないためには?

悪質の現金化業者を利用しないためには?

そんな現金化業界ですが中にはお客様の立場になって話を聞いてくれる現金化業者も居たりします。

換金率を少しでも高くサービスしてくれる現金化業者もたくさんいます。
現金化業者の換金率ひとつで今後の安定した収益につながってきます。

どれだけ高い換金率でサービスを提供できるのか?と考える現金化業者がお客様のことを考えていてくれる優良の現金化業者と言われているのです。

当サイトのTOPページではそんな優良の現金化業者をランキングでご紹介させて頂いております
もしも現金化業者をご利用際には、このランキングを参考に選んでいただければ悪質の現金化業者に引っかかる事も無いでしょう。

よろしければ参考にご利用ください。