クレジットカード現金化の利用でクレカの利用が停止になった事例

カード現金化の利用で自分が所有しているクレジットカードの利用が停止にならないか誰もが心配することだと思います。
実際問題、このサービスにおいてもっとも重要な問題でもありますし、過去にカードの利用停止になった利用者も多くいるのは間違いありません。
しかし、利用停止に関しましては、ほんの一部の利用者だけです。
では、主にどのような方がクレジットカードの利用停止になってしまったのかご説明致します。


クレジットカード現金化利用停止

自分でやる現金化

個人でやるクレカ現金化で利用の停止になったケースは、換金目的の疑いで止まるケースです。
やはり換金性の高い商品をクレジットカードで購入するとカード会社から調査が入り、換金目的、もしくは疑いがある行為とみなされてしまった場合は利用停止になる可能性が高いです。


業者が抱えている海外決済

業者を通してクレジット現金化をする場合でもカードの利用停止は勿論ございます。
現金化業者が取り入れているカード決済端末はほとんどが海外決済の端末ですので、日本でクレジット決済をしていないことからカード会社から疑われて一時的に利用停止になる場合があります。


まとめ

上記のようなクレカ現金化をしてしまうと、大きな確率でクレジットカードの利用停止になる可能性がございます。
自分で行う現金化は業者で通す現金化方法より危険なので、安全性を求めると多少手数料が引かれても現金化業者を通した方が安全でしょう。
また、業者選びの選定ですが、利用をする前に事前に海外決済かどうかのリサーチは必ず行うようにしましょう。
海外決済は国内の決済と比べて様々なトラブルがあり、利用者にとってはリスクもかなりあります。
業者に問合わせた時点で、決済方法を確認して国内での決済を行なっているところを選び、どのような商品を購入するのかも念入りにチェックすることが大事です。
あなたにとって大事なカードになりますので、上記のことを踏まえサービスの利用を行なってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加