クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金に換える方法です。

いったいどのようなサービスなのでしょうか?

店舗で営業している現金化業者を利用する場合は商品を購入して業者に買い取ってもらうことで、直接現金を貰う事が可能です。
しかし、最近ではネットでのやり取りが可能になっています。

つまり、わざわざ業者の居る店舗へと行かなくてもいいという事ですね。
では現金のやり取りはどのように行うのでしょうか?

従来の現金化方法であれば直接業者の下へと足を運んでいるのでその場での受け取りで問題はありませんでした。

ネットを利用した現金化ではどのように現金を受けとるのでしょうか?

現金の受け取り方法

現金の受け取り方法
方法はとても簡単なものなのです。
ネット型は自分が指定した銀行口座に振り込みを行ってくれるのです。

つまり、最寄のコンビニATMや銀行で現金を下ろす事が出来るのです。

では前置きはこのくらいにして本題に入りましょう。

銀行口座によって現金を受け取れる時間帯が違う?

銀行口座によって現金を受け取れる時間帯が違う?
例えば店舗型の現金化業者は営業時間内であれば、現金を手にする事が可能となっています。
では、ネット型の現金化業者は?

ネット型の現金支給方法は振り込みになります。
しかし、一般的な銀行の振込みは9時~15時までとなっている事はご存知でしょうか?

更に15時以降に振込まれた現金はよく営業日に振り込まれるようになっているのです。
金曜日の15時以降に振込まれた場合、月曜日に9時に振込まれるという事ですね。

つまり15時までに入金をしなければ、即日中に現金を自分の口座に振り込んでもらう事は出来ません。
即日入金が可能と言っている現金化業者でも15時以降の入金が出来ない業者も当然、存在しています。

では、ネット型の現金化業者は15時以降に現金を受け取る事が出来ないのか?
実は15時以降でも現金化を行う事が出来る有利な口座が存在しているのです。

クレジットカード現金化に有利な口座

現金化業者の中には「15時以降も入金可能」や「24時間入金可能」と宣言している現金化業者が存在しています。

このような言葉は本当なのでしょうか?
実は可能となっています。

しかし15時以降の入金に関しては業者の指定する特定の銀行口座が必要になるのです。

業者指定の銀行口座とは?

業者が15時以降の振込みに対応している銀行口座の事を意味しています。
しかし、業者によって指定している銀行口座が違うので利用する前の確認は怠らない様にしましょう。

よく24時間対応をしている口座は

  1. ゆうちょ銀行
  2. ジャパンネット銀行
  3. 楽天銀行
  4. 住信SBIネット銀行

この辺りの銀行口座を24時間入金可能にしている業者は多く存在しています。

この中でも特に採用されている銀行口座がゆうちょ銀行です。

なので24時間の入金を希望されている方は、ゆうちょ銀行の口座を持っておいた方がいいと言えます。
しかし、銀行口座は必要になったその日の内にパッと作れる物でもありません。

その為、今後も24時間入金を希望ならばゆうちょ銀行の口座を作って置いてもいいと言えますね。

即日現金化の鍵を握っているのは銀行口座

即日現金化の鍵を握っているのは銀行口座

以上の事から業者の換金率も必要ではありますが、即日の入金を希望している方は利用する業者が24時間に対応しているのか?
24時間の入金に対応している銀行口座は何なのか?という事に目を向けることをオススメいたします。

その日に必要な現金なのであれば特に銀行口座には注意しなければいけません。

多くの銀行口座を持ってなければいけないという事ではなく、いつでも24時間入金に対応している銀行口座を持っている事でより現金化を有利に利用する事が出来るのです。
特に入金スピードに大きく関わってくる問題なので、急に現金が必要になる方は充分に注意を行いましょう。

 

クレジットカード現金化比較-業界最大手優良店10社を厳選のTOPへ戻る