しかし、クレジットカード現金化において業者側が逮捕されたことはあっても利用者側が逮捕されたという前例はありません。

一体どういった理由でクレジットカード現金化業者が逮捕されてしまったのか、業者形式によってどういった法律違反が考えられるのかを紹介した上で利用者側のリスクなどをご説明します。

クレジットカード現金化業者が逮捕された理由

クレジットカード現金化業者が逮捕された理由

クレジットカード現金化業者が2011年頃に逮捕され、それを皮切りにいくつかの業者が度々警察により逮捕・検挙されています。

クレジットカード現金化自体は法律の穴を突いた方法であるものの、なぜ業者が逮捕されてしまったのか不思議に思われている方もいらっしゃるでしょう。

業者逮捕された理由をご紹介します。

買取方式の逮捕者

買取方式で業者が逮捕された理由は悪質な業者だったからです。

換金性の高い金券や貴金属を準備し、業者に買い取ってもらう事で現金を入手する方法となっています。

しかし「商品にキズがあるため価値が下がった」など言いがかりをつけて商品の買取率を勝手に減額するといった対応を取っている業者が存在しました。

こういった詐欺まがいの行為により、警察より違法行為として検挙される始末となったのです。

キャッシュバック方式の逮捕者

キャッシュバック方式で業者が逮捕された理由は出資法違反によるものです。

逮捕された業者は金銭価値のないおもちゃを高額で買わせ、そのキャッシュバックとして現金を支払うという手法を取っていました。

しかし、「金銭価値のないおもちゃを高値で売り買いする行為は偽装取引である」と貸金業に近い行為であると認定されたのです。

そのため、「貸金業には専用の許可が必要」「貸金業としては高すぎる金利」という2つのポイントを満たせず、許可を持たないクレジットカード現金化業者が逮捕される運びとなりました。

利用者が違法性を問われる可能性はある?

利用者が違法性を問われる可能性はある?

クレジットカードの現金化はショッピング枠を使うものとなっています。

ショッピング枠はあくまでカード会社から与信として「信頼を元に貸し与えられたもの」です。

代金をカード会社へ支払い終えるまで購入した商品はカード会社が所持していることになります。

クレジットカードの現金化では商品価値の低いものを高く購入し現金を入手します。

場合によってはカード会社側の資産を横領しているとし、クレジットカード会社への「横領罪」になってしまう可能性があります。

クレジットカード現金化の利用者が逮捕された前例はナシ?

クレジットカード現金化の利用者が逮捕された前例はナシ?

クレジットカード現金化業者が逮捕された前例はあっても、肝心の利用者が逮捕されたという前例はありません。

つまり、クレジットカードを現金化する上でしっかりとした業者を選んでおけば、利用者が何らかの被害を受けてしまう事は避けられると言えるでしょう。

とはいえ、現金化自体がカード会社からお金を借りているようなもので、肝心のカード会社による利用規約に違反しているのも事実です。

現時点では明確な法律違反ではないものの、解釈次第では抵触してしまう恐れもあります。

今後法改正により対応が変わるかもしれないことは十分ご留意下さい。

クレジットカードの現金化は危険?

クレジットカードの現金化は危険?

実際の所、クレジットカードの現金化業者は殆どが法律的にグレーだと言えるでしょう。

少なくとも実際に逮捕されている前例もあるため、安全だと言い切ることは出来ません。
しかし、現時点で違法性があるものではなく現金化を利用しているユーザーであれば警察に逮捕されてしまう心配もありません。

また、警察に摘発された業者の多くは「商取引を装う」という重要なポイントを怠った業者です。
こういった部分をまともにカバー出来るクレジットカード現金化業者であれば、トラブルに巻き込まれること無く現金を入手出来るでしょう。

自分の安全をしっかりと確保した上で計画的に利用すれば、かゆいところに手が届く。

クレジットカード現金化業者とは良いパートナーになる事が出来るのではないでしょうか。

そんな現金化業者を当サイトでは調査をした上でご紹介しております。

現金化業者をご利用の際には、こちらのランキングからご利用下さい。