クレジットカード現金化という方法には様々な方法があります。
大きく分ければそれこそ業者を利用して行う現金化や、個人的に行う現金化方法があります。

今回はこの自分で行う現金化方法と業者を利用した現金化方法、どちらの現金化を利用した方が効率よく現金化する事ができるのか?という所に注目して比較調査をしていきましょう。

では、まずそれぞれの現金化方法の特性を確認していく事にしましょう。

自分で行う現金・業者にやってもらう現金化、の2種類に分けられています。
皆さんも聞いたことはあるかもしれない自分でやる現金化と業者を利用した現金化。

どのちらの方が効率よく現金化を行う事ができるのでしょうか?

換金率の問題は?

換金率の問題は?

クレジットカード現金化には欠かせない換金率の問題ですが、どちらの方が高く現金化を行う事ができるのでしょうか?
こちらを表にまとめると以下のようになります。

換金率 方法
自分でやる現金化 50%~90%前後
業者に頼む現金化 60%~80%前後

この表を見てみると、自分でやる現金化の方が換金率が高いという事が良くわかります。
では、効率の良い現金化は自分でやる現金化の方がいいのでしょうか?

実はそういう事ではありません。

この自分で行う現金化方法はとてもリスクの高い現金化方法だという事を説明させていただく必要があるのです。

自分でやる現金化のリスクとは?

自分でやる現金化のリスクとは?

先程の換金率を確認して貰えればわかるように、自分で行う現金化は業者に頼むよりも換金率が高い方法となっています。
しかし、昔から言うように美味しい話には裏があるんです。

そもそも自分でやる現金化の換金率は最大で90%前後ですが、この90%前後は新幹線の回数券の現金化を利用した場合に適用される換金率となっています。
皆さんも1度は聞いた事があるかも知れませんが、新幹線の回数券を利用した現金化はクレジットカードが利用停止になる可能性が一番高い方法と言われています。

まずなぜカードが利用停止になるのか?という理由をご説明すると、クレジットカード現金化という行為はカード会社の規約違反になってしまうからです。

そして新幹線の回数券を用いた現金化方法はあまりにも多用されすぎてしまい、カード会社も購入情報を確認するなどして警戒を怠っていません。
利用者によっては購入した瞬間にクレジットカードが停止してしまう方も居ます。

クレジットカードが利用停止になったら?

クレジットカードが利用停止になったら?

もしもクレジットカードが利用停止になってしまったらどうなってしまうのでしょうか?

クレジットカードが利用停止になってしまった場合以下の様な状況に陥る可能性があります。

  • 一時停止
  • 強制退会
  • 未払い金一括請求

この中でも現金化利用者が恐れているのは、未払い金の一括請求です。

もしもクレジットカードの現金化を行った後に一括請求を掛けられたとしたら?

この後のことは想像もしたくない結果が待っているのは言うまでもありません。

効率がいいのは現金化業者

効率がいいのは現金化業者
S

換金率が高く金銭的に満足のいく現金化方法は自分でやる現金化かも知れません。
しかし、クレジットカードの利用停止の事を視野に入れるとあまり効率の良い現金化方法とは言えません。

もしも自分で行う方法が成功したとしても、未払い金の一括請求を掛けられてしまっては資金調達を行った意味がありませんからね。

その点、現金化業者を利用して行う方法はクレジットカードが利用停止になる事は滅多にありません。
優良の現金化業者を利用すればそのリスクはほとんど無いといっても過言ではありません。

以上の理由から、優良業者を利用したクレジットカード現金化の方が効率の良い方法という事が言えるでしょう。

優良業者は当サイトのランキングで掲載させていただいております。
こちらのランキングを参考に業者を選んで見てはいかがでしょうか?